「暑い中、お仕事お疲れ様」なんて言って、

水筒とタオルを手渡してくれる。

 

クソ可愛い!!

 

あっどうも、こんな彼女が欲しい僕です。

 

いやぁ~工場の中暑いですね。

もちろんエアコンついてますけど、

工場なんて広いから満遍なくついてるわけじゃありませんからね。

 

そんな時はやっぱり水分補給が欠かせないわけですよ。

そんな需要に答えてか、工場内にも自動販売機が設置してあります。

 

気づいたんですが、工場とか寮の自動販売機って普通より安いですよね。

普通150円とか160円のペットボトルが、100円で買えたりします。

 

でも安いからって、

「ありがてぇ~ありがてぇ~」なんて言いながらガンガン買ってると、

お金がどんどん減っていくわけです。

 

せっかくお金を稼ぎに来ているのにこんなしょうもない所で出費をするなんてもったいない!!

僕はそう思うわけです。

 

ということで、期間工ならば水筒を持参して節約に励みましょう♪

頭沸いてる期間工

普段、「あちぃ~・・・あちぃ~・・・」と、

ダラダラ汗を流しながら仕事しているわけなんですが、

 

僕の水筒に入っているのは、お湯です。

 

それもかなり熱い(笑)

 

いつも出勤する前に、電気ケトルで沸かしたお湯を水筒に入れ持参しているのです。

しかも保温効果バッチリの水筒に!

 

氷とか大量に入れて、キンキンに冷えた飲み物ではなく、

めちゃくちゃ熱いお湯です。

 

今、自分で書いててもちょっと笑ってしまうんですが、

期間工してて他にこんな奴いるのかな?

真夏でも水筒の中身は決まってお湯です!ってやつ。

 

 

一見すると「頭沸いてんじゃねぇの?」って思うかもしれませんが、

これがね、僕はけっこう身体にいいんじゃないかと思ってるわけなんですね。

 

僕は隠居していた時から、

真夏の日に部屋でエアコンも扇風機もつけず、ひたすらお湯を飲んでいたのですが、

 

暑い日に熱いお湯を飲めば必然的に汗をダラダラ流すじゃないですか、

その後に汗で身体が涼しくなるというか、クールダウンするんですよね。

 

分かりますかね?

 

 

まぁ・・・わかんないでしょうね。

 

暑い日は冷たいモノを飲むという固定観念を持った人から見たら理解不能かもしれません。

今回ブログにしてしまいましたが、これからも僕の密かな楽しみとします。

 

真夏の暑い日に期間工という重労働をして熱いお湯を飲む!!

言葉にすると地獄ですが、

 

僕はこれからもお湯を飲み続けます!!

 

では(^^)/

 

続きはこちら↓