どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

本日は入社祝い金の話です。

これは会社に入るだけで貰えるお金になるわけですが、

期間工になる時にまず目が行く項目の一つですよね!

 

入社祝い金20万!

入社祝い金45万!!

入社祝い金60万!!!

 

まるで鼻先に人参をぶら下げて走る馬を募集しているような感じだ。

まぁ・・・近年、期間工バブルなのか、

入社するだけでこの額を貰えるのはやはりありがたいんですが。

 

もしお金に困っていたとするなら飛びついちゃうものですよね!

できれば入社祝い金が一番高いものを探して入りたいと考えてしまうのも無理はない。

 

しかし!!ちょっと立ち止まって考えてほしい。

こうは考えられないだろうか?

祝い金が高いということは、それだけ企業が人集めに困っているということに他ならない。

事実、ネット上にも祝い金の高さから激務を強いられたという声もあったりする。

又、一回でも遅刻や欠勤をしたら祝い金自体が得られなくなってしまうような条件が厳しい可能性がはないだろうか?

人間完璧じゃないんだから、一回くらい遅刻してしまったりする。

最近では女子アナが朝のラジオ番組に寝坊で遅刻したなんていうニュースもあったくらい。

体調を十分に気を付けていても時にインフルエンザになってしまったり、風邪を引いてしまったりもする。

まして期間工なんて地元を離れ慣れない土地で働くわけだから、そういう部分でも絶対ないとは言えないだろう。

この条件が厳しくないかを求人票をよく確かめたいところだ。

 

僕の場合は、入社祝い金の低いところを受けて今こうして働いている。

何を基準に当たり職場とするか?

期間工は長く働けば働くほど満了金の額も上がって旨味が増すものが多いため、

できれば当たり職場を引きたいもの。

では、当たり職場ってなんだろう?

 

・仕事が楽(当たり工程に配属された)

・人間関係がいい(パワハラがない)

・残業、休出がない(プライベート充実)

・フル残業、休出ありまくり(ガツガツ稼げる!)

・身体が壊れない工程(バネ指などにならない)

 

何を当たり職場とするのかは人によって異なってくるかと思いますが、

僕にとっては残業が少なく、自分の趣味の時間や自己スキル向上の時間がとれる職場を当たりとしている為、

なるべく忙しくないところを狙いたかったというのも内心ありました。

結果、見事当たり職場を引いたわけなんですが。

 

期間工なら家賃光熱費無料とか福利厚生が充実している為、

残業や休日出勤が全くなかろうとも貯金ができないということはまず有り得ません。

 

期間工の仕事は、ただ自分の時間をお金に変えるだけの全くスキルのつかないことを延々とやるだけの作業です。

ならいっそのこと、ただ闇雲にお金を稼げる残業多いような忙しい職場を選択するのではなく、

自分のスキルを高めるような時間が取れる職場を選択した方が将来の糧となるのではないでしょうか?

 

例えば将来自分のお店(飲食店)を出したい!という夢の為に、

お金を貯めることを目的に期間工を選択したという方も、

自分の部屋で料理の研究をしたり、店を出す立地を考えたり店内の動線を考えたりとか、

資格取得の時間に充てるとか。

そういう時間にもっと使ったほうが建設的なのではいでしょうか?

 

皆さんも祝い金の高さに踊らされるのではなく、

自分に合った期間工求人を探しましょう!

それでは(^^)/