どうも、ブログで嘘をついたことがない僕です。

 

今回は期間工の契約期間の話です。

今働いている期間工も知らない奴が多いことを話そうと思う。

 

 

それは、

期間工は4年11ヶ月まで働けるということだ!

 

 

僕自身も期間工として働く前は、

「期間工は最長2年11ヶ月までは働ける」と勘違いしていたんだけれど、

どうやら最長4年11ヶ月まで働くことが出来るらしい。

 

他の期間工ブログ見ても、

「期間工は2年11ヶ月以上は働けません、

同じところで働くにも半年の空白期間を設けないといけません」と書いてある。

 

たぶん、みんなよくわかってないのか?

法改正前に書いた古い記事なのか?

メーカーごとに違うのか?よくわからないけれど、

 

僕の勤めている会社では期間工は、

4年11ヶ月まで働けるらしい。

 

 

現に、今の職場に3年を超えて働いている期間工が何人かおります。

半年の空白期間を空けずに継続して雇用されているのです。

僕は嘘は言わないので、これ本当の話ですよ。

 

 

 

・・・え?(;´・ω・)

 

 

今労働契約書を再確認したら、

確かに「最長契約期間 雇入れの日から4年11ヶ月(原則)」と書いてある。

 

 

ある程度年齢のいった期間工は一つの場所で長く働くことが多いと思うんだけれど、

そういう部分で考えると、これはいいことなんじゃないでしょうか?

だって、いちいち面接して引っ越して新しい職場に~なんてメンドクサイからね。

だったら正社員になれよって話なんですが、人それぞれ事情があるかと思いますし。

 

又、正社員を目指したい人にとってもいいんじゃないかと思う。

試験が受けられる期間が長くなるってことだからね。

 

 

ということで、

期間工は最長2年11ヶ月までしか働けないという間違った認識を改めましょう。

 

※ちなみにこれは会社に直接雇用されている期間工の話です。

派遣社員は2年11ヶ月までしか働けないと思われます。

詳しくはご自身で確認してみてください。

短期間で転職し入社祝い金で稼ぐ

あと、僕が言いたいのは、

入社祝い金目当てで短期間働いて、

すぐ転職を繰り返すというやり方を推奨している人がいるかと思いますが、

 

あれ、正直言って無駄だと思います。

 

 

面接受けて、引っ越しして~なんてことを繰り返すわけでしょ?フッ(笑)

鼻で笑ってしまった。

 

入社祝い金を高くもらうために、まず派遣会社に面接行くわけですよね。

そこから希望するメーカーに面接しに行きます、

無事合格したとして引っ越ししなければなりません。

初めての慣れない職場の中、重労働をして給料、入社祝い金、満了金を貰います。

 

次の所で働くために他のメーカーの面接行かなければなりません。

うまく契約満了日と次の入社日をなるべく間を空けずに調整しなければなりません。

 

だって住む場所がなくなるから、そして引っ越しもその都度しなければなりません。

その期間の出費ってどうするの?

で、次の所に合格したらまた引っ越ししてまた慣れない場所で働くわけです。

 

 

もう考えただけで相当疲れるよね、

精神的にも肉体的にも(笑)

 

面接に行くための交通費もタダじゃないからね。

で、なにより面接に合格しなければ、働くことすらできません。

期間工なんて誰でも受かると勘違いしている人いますが、普通に落ちますよ。

例えば今の時期とか、新入社員も入ってきたりして採用絞ってますから。

 

それであれば1つの所で長く働いた方がいいかと僕は思います。僕はね。

長く働けばその分満了金も上がってくるし、職場にも慣れて働きやすくもなります。

 

 

うぇーい、入社祝い金でがっぽりや~!

 

なんて言う、そういう浅はかな考え方はやめましょう

お馬鹿さんに見えますよ。

 

では(^^)/