どうも、意識高い期間工の僕です。

 

今回は主に工場ワークが未経験から期間工になった方に向けて書いていきましょう。

期間工の仕事は体を使うお仕事、今までデスクワークしか経験したことがなかった僕の場合、最初はどのように体を使うか勝手がわからないわけです。

なので最初から最後まで常に全力!それだと体のどこかに負担がかかっていることがあります。

例えばインパクトの使いすぎによるバネ指だったりとかあるわけですが、僕の場合も手に負担がかかる工程にいる為、かなり指がや手が痛くなりました。

朝、手の痛みで起きるなんてことも・・・

ちなみにその時、手に5個くらい血豆ができてました。

また、休日にクロスバイクで買い物に行ったりするのですが、ギアチェンジが指が痛くてできなかったりなんてこともありました・・・

 

こう聞くと期間工ヤベェ・・・恐ろしい・・・

みたいなこと思うかもしれませんが、安心してください。

むしろ期間工ほどホワイトな職場はありませんから!

(ブラック企業を渡り歩いてきた感想としては。これはのちのちブログにしていこうと思います)

 

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)でも同じことが言えますが、そんなに真に受けないほうがいいです。

それは作業の間違ったやり方、力の抜き方など個人で解決する部分がかなりあると思います。

例えばバネ指の場合だと、ある程度経ったらインパクトを引く指を違う指に変えたりとか、

僕の場合だと指に負担がかからないやり方に変えたりとか。

 

そう、常に小指を立てて仕事をしているのは、決して僕がカマ野郎なわけでもなく、

負担がかかる部分を分析した結果このようなスタイルをとっているのです!!

その結果、今では痛めることなく仕事ができています。

 

まぁ、やっているうちにどこで力を抜けばいいのかだんだんわかってくるのですが、

中には不器用な方もいて、言われた通りのやり方をやることしかできない方もいるわけです。 

例えば僕と同じ作業をしている人がいるのですが、

毎回痛そうに作業をしているので、こういう風にやれば痛くなくなりましたよっと、

雑談程度にアドバイスをしたところ、全く聞く耳を持ってもらえなかったことが悲しかったです。

(今後期間工の人間模様もブログにしていこうと思います)

 

今もやり方を変えずに作業しているので、こういう人はこの先ずっと痛めつづけることになるのでしょう。

ネット上で体を壊したなんて批判を書かないことを祈るばかりです。

以上、適度に力を抜くことが大事というお話でした。

 

では良い期間工ライフを(^^)/