どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

さて、前回の記事で書いたように期間工は危険手当や雇用不安により、

男女関係なく何のスキルもない人でも相場よりも高いお金を得ることができる仕事です。

ということは誰でもできる仕事をしていると言い換えることができます。

こういうところが、期間工自らが自分を底辺だと感じていることの所以と言えるでしょう。

 

では期間工の魅力は、家賃光熱費無料などの各種手当と高い給料だけなのでしょうか?

あとは目をつぶって底辺と感じながら仕事をただ淡々とこなすだけなんでしょうか?

 

僕たちはいつまでこんな働き方を続けていくのか?

僕が以前読んだ本の中に、「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」というものがあります。

著者である小暮太一さんは、マルクスの「資本論」をもとに資本主義の仕組みと給料の仕組みを解説し、今後自分たちはどのように働いていくべきかを語っています。

 

今の資本主義社会はお互いに競争しあい、今までよりも良いサービスや良い商品を生み出し、また安い人件費を使いコスト削減をしたりの繰り返し、その構造から誰も降りることができなくなっています。

それはその社会で働く人に直接かかわってきます。

この本では、人生のラットレースを抜け出すためにどうすればいいのかをやさしくわかりやすく解説してくれています。

 

ラットレースとは、ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」で語っている、

働いても働いても一向に資産の貯まらない様子が、回し車の中でくるくる回っているネズミに似ていることから定義したと言っています。

 

そこで「金持ち父さん貧乏父さん」では不動産投資や・株式投資をして不労所得をつくることや、副業など自分のビジネスを作ることが大事と言っていますが、一般的な会社員にはハードルが高い。

そこでどうするか?

働き方を考えようというのが、小暮太一さん。

 

豊かな生活を送るにはどうすればいいか?

副業や不動産投資などをしないで、

会社員として雇われながら豊かに暮らすにはどうしたらいいのでしょうか?

それはズバリ給料を上げることです!

 

では給料を上げるにはどうしたら?

給料とは労働力の使用価値によって変わってきます。

例えばいつもより多く残業をした、休日返上で仕事をした、それが給料を増やす方法となるのですが、

前提として、給料はまずその労働者の学歴やスキルなどの「労働力の価値」で決まり、

それプラスアルファとして残業などの使用価値があります。

 

例えば分かりやすく時給1000円で働く人がいたとする、

その人が給料を上げるためには残業を頑張る又は休日出勤すると貰える給料がいつもより増えますよね?

極端な話、時給1000円で働いて年収が300万の人が、

今の給料では苦しいからと言って、毎日フルで残業や休日出勤をしたと年収400万になったとします。

でも身体はもうボロボロです。こんなに苦労するならもっと貰わないと割に合わないと考えてしまうでしょう。

 

だからこそ、前提としての労働の価値、

ここでは「時給1000円」というものを高めなければなりません。

例えば時給3000円で働けるようになれば、時給1000円で働く人より3分の1の労力で得たい年収を得ることができます。

高いお給料を貰うためには、労働力の価値を高めることが不可欠となります。

 

自分の満足度を上げる2つの方法

自分の手元に残るお金は簡単に書くとこのような図式になります。

給料 ー 出費 = 利益

 

これは以下のように言い換えることができます。

給料 = 会社側が定義した、僕らが明日も同じ仕事をする為に必要な経費として与えられた額

出費 = 肉体的・精神的ストレスを癒すために使う費用(必要経費)

利益 = 自分の手元に残るお金(これが上がれば満足度があがります)

 

もし利益(満足度)を増やす為には、

・今の出費(必要経費)を変えずに給料を増やす

・貰える給料を変えずに、出費(必要経費)を抑えること

の2つの選択肢になります。

 

1つ目は前述の労働価値を高めて、無駄な残業などをなくして労力をさげつつ収入をあげる方法になります。

 

2つ目は、例えば営業職の場合、

精神的ストレス癒すためにこれくらい必要だろうと会社から高めに給料を貰えますが、

その人が人と喋るのが大好きで、営業の仕事が全く苦でないとするならば、

出費をかなり抑えて自分の手元に残るお金が増えることになります。

 

このように出費を抑えるために、

会社側からこの仕事にはこれくらいの給料が必要だろうと渡された(世間相場の給料)よりも、

ストレスを感じない仕事を選ぶことも重要となります。

 

期間工として働くことを決めた理由

・労働力の価値を高めることが大事

・世間相場よりもストレスを感じない仕事を選ぶことが大事

 

これらを知っていながら、スキルのつかない期間工で働いているというのはお笑いものなのですが、

では、なぜスキルのつかない(労働価値の変わらない)期間工という仕事を選んだのか?

 

それは自ら労働価値を高める為の時間が他の企業で働くよりもとれると感じたからです。

ホワイト企業と呼ばれるところに就職することができれば、

自分自身のスキルの向上も時間も同時に手に入るかもしれませんが、

まず今の僕のスキルから言ってホワイト企業にはまず受からない。

 

就ける仕事と言えば、これまでの経験から言って会社にいいように使われるだけ、

すなわ中小零細企業のいわゆるブラックと呼ばれるところになります。

そこでは何時に終わるかわからないサービス残業や週6出勤などが当たり前のようにあります。

 

もし期間工であれば土日休み、残業が多くても2時間、有給ありと時間を有意義に使える環境が揃っていて、

もし資格試験や副業などの時間が取れるとするならば、

1つ目の労働力の価値を高めること、これがクリアになると考えたからです。

 

又、もし自分が期間工で貰える給料よりも出費、

すなわち肉体的・精神的ストレスを癒すための費用を限りなく抑えることができるとすれば、

手元に残るお金が増えるということになります。

ここの部分はどれだけ肉体的に負荷がかかるのか未知数でしたが、

期間工はプラスアルファ寮費&光熱費無料、格安食堂ありで、十分費用を抑えられると考えたためです。

これで2つ目の、世間相場よりも自分自身がストレスを感じない仕事を選ぶことがクリアになります。

 

なんだかまとまりのない文章となってしまいましたが、

これが僕が期間工を決めた理由です。

では、時間が無くなってしまったので今日はこの辺で(^^)/