6月24日からのチャート分析(環境認識)

ちょっと時間が無くなってしまったので駆け足でいきます。

前回の分析ほぼドンピシャで簡単相場でしたね。

僕のブログ見られた方は結構勝てたのではないでしょうか?

USDJPY(ドル円)

いつも通り1H足です。

先週

今週

トランプがイランに追加制裁するとかニュースでやってましたね。

月曜日窓開けるか見てみましょう。

EURUSD(ユロドル)

先週

今週

中長期で見ると1.14.4あたりつけて、一回跳ね返ってこれを再度抜けてくるようであれば、

長期足が上に傾くかもしれませんね。

EURJPY(ユロ円)

先週

今週

指標とかでごちゃごちゃやってますが、121円あたりがなんかあるってことかな。

買い優勢ですが、直近では積極的に入りたくないかな。

月曜日窓開けするか見て、取引できるかみましょうか。

落ちてきたら買いで入りたい。

今は他通貨やった方がいいかもしれないですね。

GBPJPY(ポン円)

先週

今週

んー・・・方向感がなくなっちゃいましたね。

長期足で見ると売り優勢ですが。

 

僕のように比較的短期のトレードスタイルだと、

どこをみて売り優勢なのか、買い優勢なのかをみるのか?

迷うかと思うんだけれど、

僕はこの白い線の上にあるか下にあるかを見ています。

なので今は買い優勢だけれど、

今は方向感がないのであんまり手を出さないほうがいいかもしれません。

 

では、今週も頑張りましょう。