どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

今回は僕が期間工になったことで感じたメリットを書いていきたいと思います。

もし思うことがあれば、期間工という選択も考えてみてはいかがでしょうか?

 

時間管理がしやすい

毎日何時に終わるのかわからない残業だったりすると精神的にかなり疲弊します。

ブラック企業勤めている場合はさらに最悪です。

終電まで仕事するのか?またサービス残業か・・・いつまで会社に拘束されなければならないのか・・・

そういった意味では期間工は残業があったとしても最大で2時間までとケツが決まっているので、

時間管理がしやすいのがメリットと言えます。

 

仕事以外の時間で仕事に悩まされない

職種によって様々かと思いますが、仕事以外の時間で仕事のことを考える時間って結構ありませんか?

 

休日に上司から電話がかかってきて仕事の話をされたり、

仕事終わってから明日の会議の為のプレゼンを考えたり、

又、終わってない仕事を自宅に持ち帰ってやったり、

イベントのことで頭を悩ませたり・・・

今月の売り上げやノルマのことを考えたり・・・

 

期間工であれば、寮に戻って明日の仕事のことや、

来週の仕事のことなんて全く考える必要がありません。

仕事が終われば楽しくYouTube見てお酒飲んだり、趣味の時間に充てたりできます。

仕事とプライベートを完全に分けることが可能です。

 

めんどくさい人間関係がない

工場の人間関係は、みんな一定の距離を保ちながら働いていますし、

作業につけば仕事に集中しますので、人と無理に会話しなければならないということがありません。

もしそれでも苦手な人ができてしまった場合でも、

働く期間が決まっていますので退社して他に移れば問題ありません。

又、出世を考えたりとか、社内政治にも無縁です。

そういうのが嫌な人にとっては天国かもしれません。

 

身だしなみにうるさくない

仕事が接客業の場合、髪型や色、ヒゲ・ピアスにとても厳しく言われます。

工場はお客さんと直接接するわけではないので、身だしなみにうるさくありません。

工場で見かける女の子も髪色が青や緑、金髪など明るい色に染めています。

驚いたことに正社員でも明るい色の髪色にしていたり、長髪にしていたりします。

 

僕が以前スーツを着て働いていた頃、たまたま寄ったコンビニにて、

高そうなイイ車に乗って髪型もヒゲも自由にしている人を見た時、

こっちは汗水垂らしてスーツで着て働いているというのに、

この人は普段どんな仕事をしているのだろうかと思ったことがあります。

 

その方がどういう仕事をしていたのかは定かではありませんが、

そのくらいであれば工場で働いていても可能だろうなぁと今感じております。

 

単純作業で妄想できる

これは人によってはデメリットに感じる方もいるかもしれませんが、

作業自体は非常に単純なので、頭では別のことを考える余裕があります。

もし妄想が好きな方であれば時間が経つのがすごく早いと感じるでしょう。

また、起業した場合でもどんなお店や会社にしたいのか?など起業戦略を練れる時間に使えるかもしれません。

 

すぐに仕事ができる

入社のハードルが低く、身一つですぐに仕事を始めることができます。

学歴で判断されないこともうれしいところです。学歴不問なので中卒や高卒でも全然OKです。

 

若いうちから好待遇

一般企業の10代20代では貰えない額のお金が、入社1年目から貰えることになります。

高校卒業したばかりの人でも、大手メーカーであれば月収30万を超える求人もあったりします。

また入社祝い金などによって、すぐにまとまったお金が必要な場合も有難いところです。

 

一流企業の為、福利厚生が充実している

これは言わずもがなってとこでしょう。

家賃光熱費無料・格安食堂だったり、土日休みや有給休暇がとれたり。

当たり前ですが残業代はやったぶんだけ貰えたり。サービス残業一切なし!

これって中小・零細企業じゃまず無理ですよ。

 

 

以上、期間工になって感じた7つのメリットでした♪

ではデメリットは?何があるのという方は次の記事でまたお会いしましょう。

それでは(^^)/