どうも、負け組トレーダーの僕です。

 

本日はFXで勝ち続けるために必要な5つのスキルの紹介です。

FXで利益を上げ続けるにはこの5つのスキル全てを持っていなければなりません。

 

勝てる手法を所持している僕がこの内のたった1つのスキルを持っていなかった為、

こうして期間工として働いているわけなので、僕を反面教師として皆さんも一緒に勝ち組トレーダーを目指しましょう!

 

FXで勝ち続けるために大切な5つのスキル

環境認識をするスキル

今、相場がどういう状態なのかを認識する力がないとFXで勝ち続けることができません。

1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、月足・・・・

それぞれの時間足で別々の動きをしていますので、自分のポジションが今どこにいるのか?どこでトレードしたらよいのか?初心者には難易度が高いかもしれません。

それぞれの時間足を見て分析を行わなければFXでは永遠に勝ち続けることはできないでしょう。

 

又、初心者が選択する最悪の手法がスキャルピングと呼ばれる短期売買手法です。

より大きな時間足ほど信頼性が高く、短期の時間足ほどノイズが激しくなります。

その為、環境認識ができていない状態で短期の時間足でポジションを持つと、すぐさま狩られてしまうでしょう。

まさに「木を見て森を見ず」という言葉が相応しいと言えます。

スキャルピングは初心者に向いている!というおかしなことを書いているものをネット上に沢山ありますが、あれは初心者をカモにする為の罠です。

情報商材を売りたい人たちが発信していますので、騙されないようにしましょう。

スキャルピングは相場を理解して初めて行える高等手法です。

初心者の方はまずは大きな時間足からトレードを開始することをお勧めします。

 

優位性のあるポジショニングを持つスキル

より優位性のあるポジショニングを取ることができなければFXで勝ち続けることはできません。

まず、それぞれの時間足で自分はどこで勝負するのかを決める必要があります。

その上で優位性のあるポジションをとる必要があります。

 

又、ポジションを持つ前に経済指標の確認はしていますか?

例えば、雇用統計など大きな指標前にポジションを持つことは正しいことでしょうか?

重要な指標は発表された後価格が一方的に上がったり下がったり、又は大きく乱高下することがよくあります。

大きな指標はそれまでの相場の流れを変えるきっかけになります。

その流れについていかなければFXで勝つことはできません。

一流のトレーダーは常に流れの中にいます。

 

適切な位置での利食いと損切りスキル

FXが難しいと言われる所以は利食いにあると言ってもいいです。

ポジションをいつ決済するのか?利食いも損切りも全て自分で決めなければなりません。

利益が乗っていても適切な位置で利益を確定させなければ、逆行し乗っていた利益を吐き出してしまうかもしれません。

それはチャートが常にN字を刻んで進んでいくためです。

 

又、適切な位置で損切りをしなければなりません。

損切りは重要と目にすることが多々あると思いますが、損切りのしすぎで損切り貧乏になってもいけません。

持ってるポジションから20pips逆行したから?30pips?それではチャートを分析しているとは言えません。

なぜ決済したのか?意味のある損切りができているのか?もう一度確認しましょう。

 

一流のトレーダーでも常に正しいポジションを持つことはできません。

間違えたと思ったらすぐにポジションを切ります。

価格がここまで来たら限りなく利益が見込めないという位置をポジションを持つ前から決めているものです。

相場では常に何事も起こりえるものだと知っているから躊躇なく損切りができるのです。

 

ポジションサイズ(ロット数)、資金管理のスキル

ポジションサイズはトレードをするメンタルに大きく左右する要素になります。

大きく利益を取りたくて自己資金に見合わないサイズのポジションをとったとしても、

もし相場が思った方向と逆行したときに切るに切れない状態に陥るかもしれません。

 

例えば100万の資金で一回の損切りが20万や30万、はたまた資金の全てを溶かしてしまうようなトレード方法、

又は20万30万の含み損をずっと抱えてやっと1万、2万のプラスになったところで決済して助かった・・・

このようなひと安心するようなトレード方法が果たして上手なトレードだと言えるでしょうか?

 

自己資金の2%がリスクの許容額として推奨されています。

適切なサイズで優位性のあるポジションをとり、適切な位置に損切りを決めること。

これが本当の資金管理です。

 

トレードに適したメンタル、確率的思考法

矛盾しているのように思えるかもしれませんが、勝てる手法だけでは勝てません。

僕が以前持ち合わせていなかった最後のスキルです。

FXトレードはギャンブル要素を多く含んだ投資、投機と言っていいと思っています。

自己の裁量次第で完全にギャンブルになり得ます。

FXを勉強し、勉強し、人の何倍も努力して勉強したとしても必ず勝てるとは限りません。

優位性の高いポジションを持ったとしても相場は平然と裏切ることがあります。

相場は何事も起こり得るからです。

 

トレードはトレードをしている人の状態に大きく左右されます。

例えば、FXの利益で毎月の生活費を捻出しようとしたり、

借金の返済を目的としていたり使ってはいけないお金でトレードしていたり、

「なんとしても稼がなければいけない」という状態の中では、

必要以上のストレスや欲求不満が積み重なっていく為、損失に対する恐怖を拡大視してしまい、

売買しなければならないのに何故か出来ないという可笑しな状態になります。

 

相場から利益が取れる、ポジションを持つタイミングだと明らかにサインは出ている、でも何故か指が石のように固まってマウスをクリックすることができない。この一本の指を動かすだけだというのに!!

 

これは実際にトレーダーじゃなければわからない感覚かもしれません。

普通の人から見たら何やってるんだと笑われてしまうかもしれません。

高勝率の手法だとしてもポジションを持つことができなくなってしまうのです。

 

これはFXに真面目に向き合ってきた人ほど陥りやすいものかもしれません。

トレードに適したメンタルを持つこと、相場は何事も起こり得るということを信条としていなければトレーダーとして継続して利益を上げ続けることは不可能です。

頭で分かっているだけでは不十分です。信条として強く心に刻んでいなければなりません。

 

まとめ

ということで、今回は真面目に語ってみました。

これら5つのスキルを全て持ち合わせ、総合的に判断しなければ一流のトレーダーにはなれません。

僕も自分に言い聞かせながら、今後のトレードに生かしていければと思っています。

では、また(^^)/