どうも、残業嫌いの意識高い系期間工の僕です。

 

突然ですがミレニアル世代という言葉はご存知でしょうか?

 

2000年以降に社会人・成人になる世代、僕もバッチリ当てはまります。

主に1980年代~2000年頃に生まれた世代で、

デジタル機器やインターネットが普及した環境に生まれ育った最初の世代で、

それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されている世代のことを言うのだそうです。

 

最近ニュースで「出世したくない若者達」みたいな社会問題的に取り上げられることが記憶に新しいですが、

このミレニアル世代の特徴をとらえたものでもあるかと思います。

 

経験上考えてみても、出世しても責任と業務量だけ増えて、給料が上がるかと言ったら雀の涙程度増えるだけ、

しかも給料上がると自動的に税金も増えるから比べてみると前とあんまり変わらないみたいな笑い話にしかならねぇ・・・

 

これって多くの中小企業じゃこんなこと日常茶飯事でしょ?

こんなん出世したくなくなりますわ。

 

そういえば僕の期間工の同期にも、

「上司になって部下に仕事を教えるのが嫌だから期間工になった」って言ってた人いましたね。

 

 

この世代の多くの方は、出世なんかしたくないし仕事なんて言われたことだけやって、

決められた給料だけもらってあとは定時で帰れてプライベートが充実できればいいみたいなとこがあると思うんです。

 

ミレニアル世代の人たちは一日を三等分に分けて考えているんでしょう。

8時間は「睡眠」、8時間は「仕事」、8時間は「プライベート」

 

これは、人生を充実させるためにとても大事な考えのような気がします。

 

 

仕事で成長?仕事で自己実現?残業することが美徳?アホらしい

こういう昭和的な価値観の上司がいるんですよね、

上司だけでなく社長がそんな感じだとブラック企業待ったなし!!

 

僕の転職2社目の会社がまさにそんな感じでしたね。

社長自ら、残業する時間が長さがボーナスの査定に響くみたいなこと言ってました。

もちろん当たり前のようにサービス残業です。

 

自分の仕事が終わっても、上司がまだ残っていると、

「何か手伝うことありませんか?」と声をかけなきゃならない。こういう社風。

これって最低最悪の風習だと思いませんか?

 

 

今、期間工になってみて思いますけど、ぶっちゃけもう一般企業には絶対戻りたくないですね。

僕が今までハズレ職場ばかりを引いてきたっていうのは言えますが。

上のようなトラウマが体に刻み込まれているのかもしれません。

 

 

期間工だとサービス残業なんかなく、みんな終わったら速攻で帰りますからね(笑)

「絶対に時間外労働なんかしねーぞ!」みたいな強い意志を感じます。

 

 

もし今、サービス残業などで疲弊している人がいるのなら、

期間工という選択肢も頭に入れてみてはいかがでしょうか?

人生の充実度が違ってくるかと思いますよ。

 

では良い期間工ライフを(^^)/