どうも、意識高い系期間工の僕です。

今回は期間従業員をやるということの話です。

 

次のステップへの踏み台として期間従業員を選んだという意識の高い期間工の方、

最近モチベーション下がっていませんか?

当初の目標・目的があるならもう一度自分を奮い立たせましょう!

 

自分自身が最近徐々にモチベーションが下がってきたので、こんな記事を書くことにしました。

 

期間工のイメージは最悪だが・・・

僕自身、期間工未経験でここにきた当初はネット上で散々言われている、

「期間工はパワハラ有、仕事はキツイし工場は危険(死ぬ可能性有)、飯は不味い、刑務所のようだ」

ということを鵜呑みにして全てが恐くて不安で仕方なかったということを今でも覚えています。

 

ですが、いざこうして実際に働いてみると、

指導員も未経験でも丁寧に仕事を教えてくれるし、飯も美味い、寮も完全個室のとこにしたので問題なし、

仕事は会社側から安全安全とうるさく言われて危険なことはやらされないし、

作業自体も慣れればそんなに苦ではないかな?という感想しかありません。

 

その上、給料も他で働くよりもいいし、祝い金や満了金、交代手当や深夜手当、

寮&光熱費無料など福利厚生も充実しており、

あれ?思ったよりも全然悪くない、むしろ中小企業のわけのわからない正社員をやるよりも全然いい!

労働環境もいいし、土日休みでサービス残業もなく目的としていた勉強の時間も取ることができて、

結果的に満足しています。

たまにずっとこのままでもいいんじゃないか?と思うことさえあります。

 

このように普段は、労働環境も良く給料もいい為、自分自身が期間工であるという劣等感は感じず働けています。

ただ最近、なんとなくモチベーションが低くなっているというか、元気がなくなってきているな・・・

ということに自分自身気づいているので期間工という立場について改めて考えてみました。

 

期間工という底辺労働者

一般的に期間工は底辺と言われることが多いです。

それは何のスキルもつかない単純作業の繰り返しの日々であったり、入社難易度が極端に低く、

学歴がなくても、少し問題がある人物であったとしても問題なく働けることでしょう。

最近話題になった「破産者マップ」を確認しても破産者が今住んでる寮に何名かいたりもしましたし・・・

 

普段働いている分には底辺という劣等感を感じず働けている僕ですが、

通勤途中の同じ方向に歩く自分と同じ期間工、すれ違う仕事が終わりの期間工を見て、

やはり少し憂鬱な気分になる時があります。

それは異国の言葉を使った出稼ぎ労働者が沢山いるからです。

日本語もたどたどしいその人達と同じ仕事をして、同じ給料を貰って働いている、

身体さえ動かせれば誰でもいい仕事、いくらでも代わりの効く単純作業者、それが僕です。

そんな思いが積み重なってだんだんと元気がなくなっているのかもしれません。

 

又、たまに地元の友達や親しくして頂いた先輩から電話やLINEが入るのですが、

「今、何してんの?(当然、仕事何をやっているのか?)」

と聞かれることが恐くて電話に出ることができなくなりました。

 

夢や目標・目的の為に自分で選んだ道だというのにも関わらず、

今の状態を伝える気にはなれません。

僕くらいの歳になると、周りの皆は一つのところで正社員として勤めあげ、

昇進して多くの部下を抱えていたり、結婚して家を買ったりしていることでしょう。

 

それに比べて僕は、先もわからない非正規労働者。

僕自身、会社を辞めて起業して失敗して、あげくニート生活を送って、

再起を図る為に期間工に働きにきたどうしようもない奴ですが、

未だこんなちっぽけなプライドがあることが自分でも不思議ではあります。

 

今さら「県外に出て、投資で生計立ててるよ~不労所得バンザイ」と嘘でもつけというのか?

 

期間工はオススメできるか?

今ブラック企業に勤めているのなら間違いなくお勧めできると思っています。

学歴がない10代や20代でも4、5年で1000万貯金することも夢ではないでしょう。

 

期間工は決して底辺ではありません。

若くして同世代よりも多くの貯金があるならば、むしろ勝ち組と言っていいかもしれません。

お金があれば自ずと選択肢が増えるからです。

 

ただ、漠然とした不安に駆られるのも確かです。

次、契約更新できるだろうか?更新を断られたらどうするか?

 

又、自分に自信がなくなってくるかもしれません。若くして期間工になったのなら特に。

こんな単純作業でスキルのつかない仕事をして、他の企業ではもう使い物にならないのではないだろうか?

この先、期間工以外への転職は無理ではないだろうか?期間工として何歳まで働けるだろうか?

こんな単純作業ならこの先は海外の人件費の安い人材に仕事をとられてしまうのではないだろうか?

そんな心配が絶えず頭をよぎるようになるかもしれません。

 

それを覚悟して期間工という道を踏み出せるなら、個人的にはとてもいい仕事だと思います。

 

まとめ:期間工はみんな不安

いやぁ~みんな不安なんですよね、僕なんか今さら地方で正社員やると考えるとキツイし。

ほんと生きづらい世の中ですよね。

あれ?こんなまとめで良かったのかしら?

 

期間工が唯一誇れるのはお金のみです!

 

よく期間工ブロガーが自分を底辺と称しながら、

貯金額や給料を公開するのは自分自身を鼓舞する為だったりもするかもしれません。

 

次の目標や目的があるのならサクッと1000万とか貯金しちゃって、期間工を次のステップの踏み台にしちゃいましょ♪

いつも通り何が言いたいのかわからなくなってきたので今日はこの辺で、

ではまた(^^)/