どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

近年、働かない若者やニートなど色々と社会問題になっていたりするわけですが、

隠居(実質ニート)を経験してきた僕としては、別にいいんじゃないかと思うわけです。

人にはそれぞれペースがありますし、長い人生働きたくない時だってあるよねって感じ。

 

ですが、僕だって最初からこんな風な考え方をしていたわけではありません。

今はこんな風に丸くなってしまったけれど、

もう少し若いころは仕事こそ人生だ!仕事に求めているものはやりがい!!

なんて言って一生懸命朝から晩まで働いていた時もありましたし、

もしその頃の自分にニートや隠居の話なんてしたら鼻で笑われていることでしょう。

 

ですが、日々かなり心身に負荷をかけた仕事をしていたものですから、そんな生活では長くは続かず、

いつのころからか心がポッキリ折れてしまったんですね・・・相当疲れがたまっていたのかもしれません。

そしてニート生活に。

ニートと言っても、一人暮らしで部屋にこもっていたのでここでは隠居と言っています。

 

というわけで、隠居生活を送ってきた僕が、実際仕事を辞めて無職になるとこういう生活が待っているよ♪

というものをあげてみました。

今、日々の仕事で満身創痍で「ちょっと休んでみるか」と考えている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

「反面教師」にでもなるかと思います。

 

ニート・隠居するとこうなる

無職1年目は税金の支払いに苦しむ

それまで会社員だった人が無職になった場合、厚生年金から国民年金へと変わります。

それが月々1万6410円(平成31年)支払うことになります。

また前年の所得によって上下しますが住民税、保険証を作るために健康保険料の支払いも発生します。

 

所得のないもしくは少ない無職1年目を無事やり過ごせば2年目には住民税免除や年金免除などが受けられるようになり、だいぶ生活が楽になります。

健康保険料の支払いがちょっと恥ずかしい

無職になると紙の薄いぺらっぺらの健康保険証を持つことになるので、

健康保険の支払いだけはしなくてはなりません。

僕は振込用紙を持って平日の昼間にコンビニで支払いを済ませていましたが、

支払い金額が月額1600円程度と安く、一目でコイツ無職だとわかってしまう支払金額の為、ちょっと恥ずかしい思いをします。

まぁ、ダルダルの部屋着、頭ぼさぼさ髭ボーボーで平日昼間からこんな格好で支払いって・・・

どうみてもニートだろ!って丸わかりなんですがね・・・

1日、1週間が半端なく早い

昼夜逆転生活が続いたりして朝起きたらもう夕方だったりするので1日が本当に早く感じます。

そんな生活スタイルもあってか、1日1ターン制になります。

スマホゲームで一日つぶれたり、クロノトリガーで一週間つぶれたり( ^ω^)・・・

あと、とにかく暇なので、好きなアニメ何十回もみたりもしました。

夕方に買い物をするとその日の用事はすべて終わり!というかそれしかできなかったりします。

また毎日が日曜日なので曜日感覚がなくなります。

僕はアニメの放送日で曜日を思い出したりしていましたが・・・。

 

ニートは毎日が日曜日!又は夏休みがエンドレスで続いている感じ?

なんてどこかで見たり聞いたりしたことがあるかと思いますが、そういうハッピーな状態ではなく、

無気力なままの状態の日々がずっと続いているので五月病がエンドレスみたいな感じです。

 

僕の場合、無職となり人と全く接しない日々が1年2年と続いた結果そうなったので、

もしかしたら孤独が人を無気力にさせるのかもしれないと感じます。

 

風呂は1週間に1回、2回・・・

働いてないので外に一歩も出ることなく1日が終わることも多いため、

体って汚れないと思ってしまうんですよね。

とにかく風呂に入るのがとても面倒になります。

あれ?これ今書いてて思ったのですが、うつ状態に近かったのでは・・・?

布団の裏がカビだらけで真っ黒

とにかく丸一日中寝ていることも多かったので、年中布団を引きっぱなしにしていたんですね、

ある時、布団をたたんだ時布団の裏がカビで真っ黒だったことを知りました。

いや~こわいですね~なんか部屋が臭いのか?とか感じてましたがたぶんそこら中カビ生えていたと思います。

冬も暖房もつけず布団に丸まっていたのでなおさら。

 

金が減っていくストレス?で皮膚に炎症が起こる

こういうカビの生えまっくった部屋の中にずっと閉じこもり、

日々貯金が減っていくストレスを感じながらの生活は相当精神に負荷をかけているとも言えます。

これが皮膚に直接症状として表れてきたのかと思われます。

 

最後に・・・

疎遠となった親に「どうしてこうなってしまったんだ・・・」と呆れられます。

もしかしたら、これが一番つらいと感じる人もいるかもしれません。

 

・・・・。と言ったデメリットばかりが目立った内容だったかと思いますが、

僕としては隠居してよかったと思っていますよ。たぶん・・・。

まぁ・・・今思えばちょっともったいなかったなって感じる時もありますが、

色々な価値観を増やせた大切な時期だったようにも思います。

 

 

これがもし悲惨だと感じたのであれば、もうちょっと仕事頑張ってみるのもいいかもしれませんね(笑)

では(^^)/