どうも、騒音アドバイザーの僕です。

 

皆さんは、アパートを借りて生活していた時、

もし隣人がうるさかった場合どのように対処しますか?

今回は誰にでも起こり得る騒音トラブルの話です。

騒音トラブル対策

まず、一般的には以下のような選択肢があるかと思います。

・我慢する

・大家に隣人がウルサイと文句を言う

・壁ドンする

・部屋を防音加工する

・引っ越す

・相手に直接文句を言う

 

では順を追ってみていきましょう。

 

まずは、

我慢するですが、これは精神衛生上よくありません。

素直に管理会社か大家に連絡して対処してもらった方がいいでしょう。

 

次に壁ドンするですが、

これはよくある対処法だと思われますが、やられた方も何が原因で壁ドンされたのか?

意味がわからず、相手に不満を募らす結果となります。

 

又、この行為は直接苦情を言いに行けないという自身の気の弱さを見せてしまう結果となる為、

オススメの方法であるとは言えません。

 

壁を防音加工する

これは僕が実際に行った方法なのですが、

やり方としては防音シートを壁に貼り、次に防音材をその上に貼っていくという作業になります。

しかし・・・かなりの労力と、お金がかかりますので、これもお勧めの方法とは言い難いです。

 

角部屋でない場合、壁2面分の防音シート&防音材となる為さらに出費がかさみます。

何度も引っ越すのも大変ですし、多少の出費は仕方ないと思えれば試してみるのもありだと思います。

 

次に、引っ越すですが、

せっかく借りた物件で、お金をかけて引っ越しもしたのに、

他人の生活音でこちらがまた引っ越さなければならないなんて最悪です。

できればこれは最終手段としてとっておきたいものです。

 

最後になりますがこれが僕がお勧めする一番の方法です。

それは騒音主に直接文句を言いに行くです。

 

大家に言っても騒音問題が解決しない、そんな時は自ら直接相手に言いに行きましょう。

 

それでは解決の具体的な実例をみていきましょう。

 

騒音アドバイザーの場合

僕は以前、家賃2万円代という格安のボロアパートに住んでいた。

仕事もせずにずっと部屋に引きこもっていたのだ。

 

その住んでいた物件は、

安ければ安いなりという感じで壁も薄いし、もちろん風呂トイレ一緒、洗濯機の取り付けも外にある。

 

又、安い物件というのはもう一つ最大の欠陥があって、

それはそこに住まう民度が非常に低いことにある。

 

生活保護で暮らしている人がいたり、僕のような仕事をしてない無職ニートが隠居していたり、

相手のことを考えない騒音男がいたり・・・・

 

そう、住んでいたアパートは、毎日のように騒音が聞こえてくる騒音物件だったのだ。

騒音主が仕事か何かで外に出る時に、バンバンバンバンとドアを開け閉めしている音だと思う。

なぜそのような音を出すのか?

事実がわからないものを前にした時、人は得体の知れない恐怖心が湧いてくるものだ。

 

しばらく観察したところ、僕の隣の隣の住人がやっていることが分かった。

 

そうと分かれば大家に相談して問題解決だ!!

と思ったが、相談しても一向に解決しない。

あのクソ大家本当に言っているのか?

 

ある時、もう耐えられないとブチギレて、

その騒音主が外から帰ってきた時を見計らって直接文句を言いに行くことにした。

騒音主は身長2メートルの大男

チャイムを鳴らし、しばらくして・・・

ヌッと顔を出したのは身長2メートルを超える大男が。。。

 

僕が見上げると同時に玄関から飛び出してきやがった。

 

ファッ!?(゜o゜)

 

ジャンプして玄関から飛び出した男は身長160くらいの中年男性だった。

そう、身長2メートル以上と思えたのは、ゴミの上に乗っていたのだった!

 

さて、騒音の苦情を入れる際に大切なのは、

なるべく丁寧な口調で相手を配慮し、迷惑してますよと語気を強めつつ、穏やかに文句を言うことだ。

 

『ドアをバンバン、バンバンやるのやめてくれませんか?これ鉄製なんで、響くんで!!

 

これがブチギレた頭で導き出した、穏やかな文句の答えである。

 

チラッと部屋の中に目を向けると、足の踏み場もないほどのゴミの山になっていた。

どうやら玄関までゴミが達し、玄関ドアが閉まらないからバンバンバンバンやっているようだった。

なぜこんなバンバン音を立てるのか?という長年の疑問が解決した!

 

それを見て、

汚ねぇーなー、片付けろよクソが!!」っと思わず声に出してしまった。

 

しまったー・・・と思いつつ、

「す、すみません」と謝る中年男性を尻目にそそくさと退散。

 

たぶん、相手も無精ひげ生やして、仕事もしてないような身なりの僕が怖かったのだろう。

それからはその騒音も止み、問題解決に思われた

 

が、

 

少し時間が経つと、またバンバン!と控えめながら音が。

 

クソが!と思って、すぐさま玄関から顔を出して、

『大丈夫ですか?』と優しく語りかける。

そうしているうちにこの騒音主も静か~に生活するようになっていったのであった。

 

こちとら24時間365日自宅警備してるから、

相手がちょっと気を許したところをすかさず対処できるのだ!!

 

このように直接文句を言いに行くと、早期に問題解決できるという効果的な方法に味を占めた僕は、

夜回り先生のごとく騒音や問題が起こるたびに、

一戸一戸直接文句を言いに行くという日々が始まったのであった。

このゴミクソ共が!!

真夏の夜中に窓を開けて大音量でテレビを見ている隣の生活保護のジジイ、

こちとら金がなくエアコンも付けず苦行のような生活を送っているから、

窓全開にしてないと風が入ってこないわで、暑いしその騒音でもうストレスマッハ!!

 

クソが!!

 

昼夜逆転のクソ野郎が夜中の2時3時だというのに部屋の掃除かなんかしてガタガタうるさい、

チャイムを鳴らすと出てこない、ドアごしに、

『誰ですか?何時だと思ってるんですか?』という声、

 

お前が何時だと思ってんだよ!!クソが!!

 

夜中2時に洗濯機を回すクソ・オブ・ザ・☆糞☆

バルコニーの部分に外付けの洗濯機を置くオンボロ物件だから響くんだよっ!!

壁まで揺れてんじゃねーか!!

この時間に回すか普通?何時だと思ってんだよ!

 

バカかよ、こいつ!クソが!!

 

昼夜逆転のクソ野郎が夜中だというのに大音量で音楽かけてうるさい!

 

またお前かクソが!!

 

夜中に生活保護のジジイが携帯で母親と会話!

両者とも耳が遠いのか知らないが、大声で話しすぎだから!!

壁が薄いから内容まで丸聞こえなんだよ!!

『おかーちゃん、おかーちゃん!!聞いてる!!』じゃねーよ!

 

お前いくつだよ!!バカがよぉ!!

 

1階に住んでるというのに、雨漏り発生!

はっ!?なんなん、このボロアパート!?

まさか上の階のデブが何かしてんじゃねーだろーな?

 

クソが!!

 

突然、大声で歌いだす隣の仕事してない若いコミュ障ニート、

すかさずチャイム連打しても出てこない!

まぁ、その後静かになったのはいいけど。

 

出てこいや!クソが!!

 

上階のバルコニーから水がボタボタ・・・

せっかく洗濯して干していたのに、洗濯物が濡れてんじゃあねーか!!

チッ・・・

 

あのデブまたなんかしたろ!!クソが!!

 

 

(アレ?今日なんか暴言が酷いな・・・この辺で止めておくことにしよう。)

 

イビキや会話等の騒音や、問題が起こる度に直接言いに行く。

そうしている内に民度の低いボロアパートが、

徐々に騒音のない快適なボロアパートに変貌していったのであった。

 

大家よりよっぽど仕事をしているんじゃないかと思ったほどだ。

 

これ今、自分で書いてて思ったが軽くノイローゼだろ(笑)

確かに無職で収入もなく、FXで負けていた頃なんで否定はできない。

ただ、普通ではない精神状態だったってことは言えるかもしれない。

学校では教えてくれない騒音トラブル対策

もし騒音があって大家に相談しても、改善が見られなかった場合、

直接乗り込んで直接相手に文句を言うというのが、

一番手っ取り早い方法だと紹介したが、

 

そうは言ってもあなたがもし女性だとしたら、

隣人が変な男だったらどうしよう?という思いが頭によぎり、

 

『私には無理だ・・・やっぱり、引っ越ししかないか・・・』なんてお思いだろう。

 

そんな時に、効果テキメンの方法を教えておく。

 

それは、

夜中隣人が寝静まったことを確認して窓から相手の部屋に侵入し、

相手が寝ている横に、馬の生首を置いておくのだ!

 

そうすることで、

 

ヤろうと思えば、いつでもヤれんだぞ!!

 

という気概を見せつけることができる。

アナタが今までどれだけ騒音に頭を悩ましていたのか、相手に分からせた方がいいのだ!!

 

 

馬の首を入手することが困難なこともあるだろう。

ここでは適当に馬のマスクを選んでおいた。

このマスクに赤い塗料で血が流れ出ている演出ができれば最高だ。

これをムカつく相手の寝ている横に置いておくのだ!!

 

そうすることで、隣人はすぐにでもアナタの世界から消えてくれるだろう。

 

 

 

 

まとめ

安い物件を借りる場合、

そこに住まう住人の質が低いことが多々あるため騒音に注意しよう。

もし大家に言っても改善が見られない場合、直接言いに行った方良い。

 

 

又、もし皆さんが騒音主だった場合、気を付けてほしい。

仮に自分にとっては快適な音楽だったとしても、隣に住む人にとっては騒音に聞こえることが多い。

どれだけ隣人に迷惑をかけているのか今一度考えてもらいたい。

 

もしかしたら次は、あなたの隣に僕が引っ越してくるかもしれない。

 

気をつけろ!!