全国の期間工から反感を買うようなことを言ってみる(笑)

 

どうも、僕です。

 

ということで、

期間工は生きてて楽しいか?っていう話なんですが、

 

ンフフフフw

これがね、僕は案外楽しいんですよねw

 

 

適度な運動になるし、

ぼーーっと何か妄想しながら作業してれば早く仕事も終わるような気もするし。

毎月安定した給料があるってなると精神的にも良いしね。

 

 

え?でも底辺じゃん!?

期間工って非正規でしょ?

単純作業でしょ?ダルっ!ないわ~

 

 

 

うるさいわーー!!!

 

 

疲れてる時など、

このままでいいんだろうかとか悩む瞬間もあるけれど、

 

先のことを考えていてもしょうがない。

 

 

どんなに頑張って生きていても、

突然どっかの老人が運転する車が目の前に突っ込んできて死ぬかもしれない。

突然どっかのニートが暴れて、刺されて死ぬかもしれない。

 

そう、誰もが明日死ぬかもしれないのだ!

 

じゃあ、今を楽しく生きようではないか。

平日の仕事終わりにアニメを見たり、

土日を使って趣味に没頭したり、大型連休を使って旅行に行ったりして楽しもうではないか。

 

 

更新が切れたら?期間工が大量に切られたら?

車業界が落ち目になったら?

 

そん時は失業者だらけになって、

日本も生きやすい失業者天国になるのではないだろうか。

わははははw

 

この業界がどうなろうと知ったこっちゃねェーんだよ!!バカがよぉ!!

 

 

もう完全に流れに身を任せることにした。

 

 

「これが無の境地か」(思考停止)

とある日の何気ない期間工の日常

今日も終業の鐘が鳴り、即効で帰宅。

「仕事が終われば、工場なんかに用はねぇーんだよ、バカヤロー!」

サービス残業など死んでもするか!!

 

鐘がなってから15分後、寮の部屋に到着。

クーラーを付け、服を脱ぎ捨て即効でシャワーを浴びる。

「はぁ~ん、ベタついた汗を洗い流す瞬間がたまりませんなぁ~」

 

シャワーから出るとクーラーで快適な温度に保たれた部屋がお出迎え。

「はぁ~ん、涼スィ~・・・」

 

 

「今日も仕事頑張ったな」っと、

自分に労いの言葉をかけて自家製炭酸水を飲む、

身体にしみわたる強炭酸が心地よい、体の疲れを取り除いてくれるようだ。

 

サッパリした所でポップコーンを作り始める。

 

時計を見るとまだ夕方の4時だ。

そういえば、スマホゲームの更新の時間なので一応確認してみる。

 

更新なし!

「このクソゲーが!!」

 

出来上がったコンソメ味の自家製ポップコーンを食べながら、

アマゾンプライムで『ガールズ&パンツァー劇場版』を見はじめる。

 

パンツァー・フォー!!ヽ(^o^)丿