どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

今回はプログラミングに興味があり、プログラマーへの転職を考えている人に向けてのお話です。

 

期間工仲間でも話を聞いてみるとプログラミング勉強しているよ、っていう人もチラホラいるので、

今後そういう人がますます増えていくと思います。

 

年収ベースで見ても専門職の為、

期間工とは比べ物にならないくらい高給を頂けます。

これを機に勉強を開始するのもオススメです。

 

又、先日の日本経済新聞のニュースで発表されました、

を見てもわかる通り、これからどんどんこういうAI技術だったり、

プログラミングスキルを持った人材の需要が高まってくるでしょう。

 

タイトルの『30代期間工が未経験からプログラマーに転職は可能か?』ですが、

結論から言うと、可能です。

IT業界はスキルさえあれば学歴も必要ないし、年齢も関係ありません。

 

ただ、業界全くの未経験で30歳以上となると、

「年齢に相応しい年収を貰えるか?」や上場企業などの大きな会社、

ホワイト企業にいきなり転職することはまず不可能でしょう。

ベンチャーだったり、中小企業に絞ればいくらでも転職なんて可能だと思います。

 

僕はプログラマーになるつもりはありませんが、

僕自身がもし、今後プログラマーへの転職を考えるならばどうするか?ということを考えてみました。

 

独学でプログラミング学習

まずはコードを書いたことがなかったり勉強さえしてしていなければ、

お話にならないので独学なりスクールに通うなりする必要があります。

自分がコードを書くのが好きなのか?面白いと感じるのか?適性があるのか?をまず確認しましょう。

 

需要が有りそう、稼げそうだからで始めると痛い目を見ることになります。

今の時代、情報を簡単に集めることができるので自分自身でまず勉強してみることが大事でしょう。

 

プロゲート(初級編 無料/月額980円)

ドットインストール(無料/月額980円)

パイキュー(月額2980円~)

などのオンラインサービスを使って独学で勉強するか、

 

TechAcademy

侍エンジニア塾

コードキャンプ

などのオンラインスクールに通って勉強するかになるでしょう。

 

言語選び

HTML・CSS・JavaScript・Ruby・Python・Java・Go・SQL・PHP・Swift

多くの言語がある中で、自分の作りたいウェブサービスやアプリ、興味のある分野を選ぶ必要があります。

 

参考程度に年収も見ておくといいでしょう。

順位 言語 年収中央値
(万円)
最大提示年収
(万円)
求人数
(件)
1 Go 600 1,600 2,202
2 Scala 600 1,300 1,489
3 Python 575.1 1,499 9,344
4 Kotlin 575 1,200 961
5 TypeScript 575 1,200 667
6 R 574.8 1,000 220
7 Ruby 550 1,200 11,676
8 Swift 550 1,200 3,353
9 Perl 525 1,200 4,509
10 C 525 1,000 9,347

 

出典:ビズリーチ-プログラミング言語別年収ランキング2018

 

スクールに通うにしろ、転職するにしろ必要なのは・・・

スクールに通う場合安くはないので、ある程度まとまったお金が必要ですし、

学習している時の生活費も賄わなければいけません。

プログラミングは1週間や1ヶ月で身に付くものではないので、

半年から~1年を目安に学習を進めていきます。

 

又、地方でプログラマーの求人など少なく、あったとしても経験者優遇が当たり前でしょう。

東京、大阪、名古屋、福岡、神戸などの主要都市であれば、

未経験でも働き先が見つかる可能性が高くなります。

 

地方在住だった場合、わざわざ転職の為に交通費などを割いて就職活動していかなければなりません。

また当然同時に住む場所も考えなければなりません。

安くて家賃5万円と仮定すると初期費用30万円、その他引っ越し費用・・・

 

この世は全てお金です。

 

だんだんモチベーションが下がってきたところだと思いますので、

ここで夢のある人を紹介しておきます。

 

16歳、起業家

う~ん、プログラミングは夢がありますね~

 

この世は全てお金なので、

お金があれば高校生だろうと、オッサンどもをアゴで使うことも可能です。

参考にしましょう。

 

そこで期間工という選択肢

それらの費用を捻出しようとして一度仕事始めてしまうと、

辞める時に何かと面倒になります。

 

そこで働く期間が決まっており、尚且つ確実にお金を貯めることができる期間工という選択肢が見えてきます。

又、主要都市に近い工場で働ける期間工を選ぶことができれば、

転職活動も、住まいを探す上でも有利に進めることができるでしょう。

 

期間工であれば独学で勉強しつつ、金を貯めつつ、転職活動もできるという一石三鳥です。

欲を言えば、残業が少ない車体メーカーで且つ、寮から通勤距離が短いところが理想です。

期間工選びでは、祝い金につられないようにすることも大事です。

※通勤にバスを使うような所は最悪です。避けましょう。

仕事終わりも休日も仕事以外のすべての時間を使い、必死で勉強してください。

 

又、期間工であれば、皆どうせボッチでモテない奴らの集まりなので勉強する時間なんて沢山あります。

 

 

 

 

ひっでぇな・・・笑

 

 

 

全部、お前のことだからな!!

 

スキルを身に着けた後の話

独立するための選択肢

地獄の期間工時代を無事乗り越え、目的としてきたプログラミングスキルを身に着けたとしましょう。

30歳以上でプログラマーになりたいとかほざいている奴は、独立が目的かと思います。

 

独立するためには2つの選択肢があります。

1.転職して1年~2年間働いて、スキルを高め独立する

2.ランサーズクラウドワークス等で自分で仕事をとって、そのまま独立する。

 

1.転職の場合、25歳くらいでバリバリコード書ける奴らがいる中で未経験のオッサンが一緒になって切磋琢磨していかなければなりません。

連日徹夜の日々かもしれませんし、もしかしたら給料もかなり少ないかもしれません。

 

2.そのまま独立は僕の知っている中だと、元々小学校の先生をやっていて30歳くらいから独学で勉強を始め35歳くらいに独立した人がいます。

仕事をとっていく中でスキルを向上させていくという道です。仕事が安定して取れなかった場合どうするかを考えなければなりません。

 

趣味としてのプログラミング

期間工をやりつつ、そのまま趣味や副業としてプログラミングをするという選択肢もありかと思います。

また、期間工の仕事が気に入ったのであれば、そのまま正社員になるという選択肢も増えます。

 

それを考えると正社員の副業を容認している企業を選ぶことも重要になってきます。

・トヨタ車体

・日産自動車

・デンソー

・三菱自動車

・アイシン精機

など大手企業だと副業を解禁しているところがあります。

常に一手も二手も先のことを考えながら動く、これが大事です。

 

30歳以上であれば言わなくてもわかるかと思いますが、

やりたい事と生活していく事はベクトルが違います。

今後自分がどういう働き方がしたいのか?もう一度考えてみましょう。

 

おわりに

最後に元も子もないことを言いますが、

日本で働いている以上、どう転んでも待っているのは地獄です。

 

プログラミングをどうしてもやりたいならすればいいし、

悔いのないように精一杯生きましょう♪

では、さようなら~(^^)/