最近よく思うのが、

この世界は「金持ちは金持ちになる構造」になっているよねってこと。

 

金があれば収益不動産とか会社とか、金を生み出すような資産が買えるのも確かなんだけれど、

それだけでなく、

小さい頃から受けている教育がそもそも違うんだよな。

 

例えば、日本語以外の言語だったり、

最近注目されている最先端のロボットやAI、プログラミングなどの教育。

簿記や宅建、天気予報士など資格試験を最年少で合格させるなど。

 

こういうのを親が子供に習わせる。

そこらの子供がTV見てたり、ポケモンとかゲームをやってるうちにどんどん差が開く。

 

例えばコレ。

レゴ マインドストーム EV3

こういうの一般家庭で子供に買い与えるって結構難しいでしょ?

おもちゃに6万!?ある程度余裕がなければ、子供に買い与えるなんて無理だよな。

その上でこうした習い事教室にいかせる。月謝1万など。

 

 

勿論パソコンやその他、最先端の周辺機器が家に揃っているから、

その使い方を自然に習得できるし、親のサポートもあるかもしれないけれど、

自身がブログやユーチューブなどで発信をすることで金を稼ぐという体験もできる。

 

こういう感じね。

 

こういう子は推薦とか貰って大学に行くことが出来る。

そして周りも高学歴な人達に囲まれるわけだから、

素晴らしい環境の中学習でき、その後の人生にも好影響を与える仲間が作れる。

これが金持ちが金持ちたらしめる黄金のルートか・・・

 

 

話変わって例えば、仮想通貨のビットコイン。

今年4月に40万から50万に高騰したけれど、

僕はこれは金持ちが遊びでやっているようにしか思えない。

 

金持ち連中が、

A:「ここらへんで買いませんか?」

B:「いいですね、流れを作りましょうか」

 

なんていう示し合わせがあったように思ってしまう。

御覧の通り6月には150万まで急騰してしまった。

 

お金をどう使うかをわきまえているから、さらに金持ちになる。

 

例えば、期間工して500万貯めましたー♪

とか預金通帳みてニヤニヤしているのはやっぱり貧乏人。

100万でも200万でもいい、

余裕資金ができたら、そのお金を使って投資なり事業起こすなりに金を回していかないと、

金持ちの側にはなれないよなって思ってしまう。

 

そして金持ちは税金関係にも詳しい。

一般の会社員が何も知らずに税金として国に取られまくっている内に、

金持ちは自ら確定申告して色々な節税対策を行っている。

それは周りに優秀な税理士などいるからそうした知識も自然に身に付くし、

金持ちがさらに金持ちにさせている要因になっている。

 

 

はぁ・・・

この期間工という毎日毎日奴隷みたいな労働しながら、

どうやったら自分が金持ち側に立てるのか考えている。

 

もし僕が親になったとしたら、

6万のおもちゃを買ってあげられる大人になりたいものだ。