どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

今回は期間工の給料の話です。

タイトル通り、期間工の給料は世間一般的に見れば高い傾向にあるのは事実です。

といっても、せいぜい年収で言えば350万~500万程度です。

皆さんの感覚的にこれは高いと感じるでしょうか?低いと感じるでしょうか?

いかがでしょうか?

 

では、日本人の平均年収はどれくらいなのでしょうか?

日本人の年齢別平均年収を確認してみるとこのようになります。

男性 女性 全体
20代前半 271万円 233万円 253万円
20代後半 383万円 306万円 352万円
30代前半 451万円 307万円 397万円
30代後半 410万円 299万円 432万円
40代前半 567万円 294万円 461万円
40代後半 626万円 292万円 486万円
50代前半 670万円 296万円 509万円
50代後半 652万円 278万円 491万円

 

このような結果となります。

女性の場合、パートやアルバイトなど非正規雇用が多かったり、介護・飲食・サービスなどもともと年収の低い産業で働いている場合が多い為、平均年収が低くなっていると考えられますが、

男性の場合でも、30歳前後にようやく期間工の給料を超えるくらいとなります。

 

しかし、考えてみてください。

多くの場合、この収入から家賃光熱費などの固定費が引かれることとなります。

また専門職は長い年月をかけてスキルを磨いてやっと給料が上がっていったり、

学歴や地域によっても給料は異なります。

 

でも期間工であれば、男女関係なく全くスキルのない人でも高校を卒業したばかりの人でも、

地方出身者でも日本語を喋れない外国人でも誰もが初年度から350万~500万くらいの年収が貰えるわけです。

そして家賃無料光熱費無料、食堂無料など各種手当が手厚いことを考えると、

期間工の給料がどれほど高いのかがわかります。

 

期間工の給料が高い理由

僕らの給料は会社側から「明日も同じ仕事をする為に必要な経費分」として支払われています。

というわけでなぜ期間工の給料が高いのかを考えてみました。

 

契約期間が決まっており不安定だから

期間工は3か月ごとの更新だったり、半年ごとの更新だったりして契約期間が決まっています。

長くて2年11カ月の勤務となります。そういった雇用不安から給与や手当てが厚くなっています。

単純労働だが力仕事、また交代勤務・夜勤

期間工は体力を使う仕事が多く、

身体を酷使する作業でバネ指など体が故障する可能性がある為。

また、期間工は交代勤務や夜勤などで少なからず体に負担をかけている為、

その手当として給料に上乗せされます。

工場は危険が一杯

工場は常に危険と隣り合わせです。

ちょっとした気のゆるみが大きな災害につながったり、

例えば人体に影響のある塗料を使っての作業を行ったり、

少なくとも命を削っている仕事と言えるでしょう。そのため給料に反映されます。

 

それでも期間工を選択する理由は?

期間工の給料は世間一般から見れば高いかもしれませんが、

上記のことを考えると決して高いとは言い切れません。

妥当!あるいは安い!と感じる方もいるかもしれません。

 

また、一般の正社員は年齢を重ねるとともに収入は増えていきますが、

期間工には年齢によって昇給というものがありません。

また、正社員には退職金があったりしますが、期間工にはありません。

 

もしこれから給料が高いからと安易に考えて期間工を選択しようとしているのならば、

もう一度このことを考えてから選択しましょう。

時間の無駄になったり、後で後悔することのないようにしましょう。