どうも、隠居系期間工の僕です。

最近、自分が意識が高いんだか低いんだかよくわからなくなってきました。

 

というわけで今回は日本で暮らしながら月5万円で生活する方法を紹介します。

期間工として働いているなら簡単だろ!って思われた方もいるかもしれません。

 

えぇ、簡単です!

むしろ今は毎月3万円くらいで生活できています。

 

今回紹介するのは、実家暮らしでも期間工として働いているわけでもなく、

無職一人暮らしで月5万で生活する方法です。

ここで言っているのは、税金もすべて含まれての5万円です。

 

僕が期間工として働く前にしていた生活スタイルです。

ホームレスでもなく、雨風しのげるところに住みながら、

ある程度人間らしい生活をする方法です。

 

無職になるとこういう生活になるという見本です。

転職を考えてる人は思いとどまるきっかけになるかもしれません(笑)

もし参考になれば幸いです。

では、いってみましょう!!

 

月5万円で生活する5つのポイント!

1.固定費を極力抑えること

人が生活する中で削ることができないのが家賃です。

その固定費となる部分をどこまで削ることができるのかが、月5万円で生活するうえでカギとなります。

 

地方で隠居暮らしをするなら月2万円程度でもワンルーム6畳の部屋でも普通に借りられます。

僕の場合、地方都市となりますが、月2万円3千で9.5畳の1Kの部屋を借りていました。

東京で暮らすにはこの金額だと難しい部分もあるかと思いますが、地方での暮らしなら十分可能です。

 

次に光熱費です。

毎月電気代、ガス代が2か月に1回水道代がかかってきます。

これもどれくらい削れるかが月5万円生活を送るうえでキーとなります。

 

僕の場合で言うと、

電気代は毎月3千円ほどでした。

高いと思われた方もいると思いますが、

24時間3台パソコンつけっぱなし&冷蔵庫があるためです。

パソコンは無職ニートにとって最大の娯楽です。

冷蔵庫は自炊をするための必需品となります。

 

水道代は2か月で3千円ほど。1ヶ月換算だと1500円程度。

水道代は住むところによって違うので確認しておきましょう。

 

ガス代は月1200円ほど。冬は2千円くらいでした。

ガス代は物件を選ぶ時に都市ガスの物件を選びましょう。

プロパンだと5千円~くらいします。

ここも重要なポイントとなりますのでチェックしておきたいところです。

もし選べるのであればオール電化の物件を選ぶのも手です。

以上、光熱費はだいたい月6千円程度になります。

 

その他、固定費となるのがインターネット代、スマホ代の通信費です。

ネットは無職にとって最大の娯楽となりますのでここは削れません。

月4千円で使い放題です。

 

また、スマホは格安スマホにしましょう。

三大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)を使っていると毎月バカにならないので、

3Gの格安SIMで十分です。毎月1500円程度。

自宅にWIFIがあるので1Gにすればさらに節約できます。

 

2.自炊で節約を!

自炊スキルは、無職が隠居生活を送る上で必須なスキルです。

食費、月1万だと普通。頑張れるなら7千円程度を目指します。

やっているうちにどこまで削れるのか楽しくなってきます。

 

買い物は月に2回を心がけましょう。

1回の買い物で買いだめしておく方が節約となります。

冷蔵庫がカラになれば、買い物に行くという生活になります。

そのほうが時間の節約にもなります。

 

3.自分でできるものは全て自分でやる

何かものを修理したり、物を作ったりなど自分でできる部分はすべて自分でやります。

 

例えば洗濯機を購入すると設置費用として1万とかとられる場合があります。

これが自分でやれば無料です。

又、髪を切ったりなども自分でできます。

安いバリカンを買ってセルフカットすればお金だけでなく時間の節約にもなります。

なるべく自分でできる部分は自分でやるようにしましょう。

 

4.物を持たない自由を感じること

無職で隠居生活は、今話題のミニマリストと言えます。

物を持たないことで確実に自由を手にすることができます。

 

例えば、車を持つと毎月ガソリン代や駐車場代がかかってきます。

そして、毎年税金が、そして車検代が・・・

例えば、毎シーズン服を買い替える必要があるのか?

 

これではこれらを維持するために働いてお金を稼がなければなりません。

なるべく物を持たずに自由を手にしましょう♪

 

5.税金関係や奨学金返済の確認

住民税や年金などは前年の所得によって課税されます。

前年が無職でほぼ所得がない場合、住民税年金が免除となります。

健康保険だけは毎月1600円程度払っていました。

 

また奨学金の返済なども一時ストップしておきましょう。

奨学金は実に便利な借金です。

もしあなたに返済能力がなければ、返済のストップを申請しておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こんな貧乏暮らし嫌だと思われた方も多いかと思います。

 

でも人生に一度は働きたくない時期だってあります。

もしそんな時にどうすればいいのか?こういう方法もありますという実践編の方法です。

一度こういう極貧暮らしを体験すると、

もうこれから何があっても大丈夫だと自信がつくかもしれません。

 

やる人は少ないかと思いますが参考になればと幸いです。

誰にも迷惑をかけず、自由を味わえますよ♪

 

では快適な隠居ライフを(^^)/