どうも、意識高い系期間工の僕です。

 

今回は期間工の節約のお話です。

周りを見ていても感じるのですが、期間工は給料もそこそこ貰えて家賃ほぼ無料(ここがでかい)な為、

結構生活に余裕があるので必然的に金遣いが荒くなったりします。

 

例えば、今まで毎日飲むビールが1本だったりする人が2~4本と量を増やして減らせなくなってしまうとかよくある話です。

 

極端な話だと入ってきた分、まるまる使ってしまうみたいなことになります。

収入=出費 このような感じになりがちです。

 

まるでカイジの地下強制労働施設の連中みたいですね。

期間工なら知っている人が多いかと思いますが、

『賭博黙示録カイジ』、『賭博破戒録カイジ』は主人公の伊藤開司が多額の借金を抱えたことから色々なギャンブルに挑んでいく漫画です。

 

さて、これをどうするか?

簡単です。財布を持たなきゃいいのです。

 

財布を持っているから、日々の仕事帰りにコンビニによってしまうのです。

 

今日も仕事頑張った→コンビニ発見→ご褒美に何か買っていこう→チキン・お酒・おつまみ購入→部屋でくつろぐ

 

日々このようなループに陥っていませんか?

コンビニで使うお金は500円とか700円とか少額かもしれない、

でも毎日これを繰り返していたら、気が付いたら結構財布に余裕がない!!なんてことに。

 

だったら、そもそも財布を持って歩かなければ、無駄な出費をしなくて済みます。

今日も仕事頑張った→コンビニ発見→あ、財布寮だっけ→部屋でくつろぐ

 

どうしても何か買いたきゃ寮に着いて、財布を持って買いに行けばいいんです!

まぁでもだいたいは、仕事終わりで疲れて部屋に着いたらそんな気持ちもなくなりますがね。

 

財布がなけりゃ不安?昼飯はどうするの?

そんな風に思った方は、考え方を少し変えてみましょう♪

最初からお弁当を持って仕事に行くとか、日産期間工であれば食券カードさえあれば食堂で食べれますからね。

そんな感じで財布がなくてもどうにかなります。

期間工なら手ぶらでも全然仕事に行けます!

 

さてここで、漫画「カイジ」より大槻班長(ハンチョウ)の名言を言っときますか。

明日からがんばるんじゃない!今日…今日だけがんばるんだ!今日をがんばった者…

今日がんばり始めた者のみに明日が来るんだよ!

 

それでは良い節約ライフを(^^)/